私たちは、『女の子』として世界と繋がっていく甘くて、 かわいい♡ 女の子のFashion Road Movie

ラルム・ガール LARME girl

LARME CULTURE MONTHLY LARME

WEB限定連載『Tokyo Girls feat.MIYANISHIYAMA』vol.03 Chapter4〜創造のWhite Christmas〜

 

『White Christmas』をテーマに作られた今作。クリエイター・MIYANISHIYAMAとヘア&メイク・小夏にその創造の過程を訊いた。

 

 

 

 

純真無垢な女性が男性を待っている姿を表現したかった。

 

MIYANISHIYAMA「1つ目の世界がとにかくハッピーな感じにしたので、こちらはLARME読者世代に響けばいいなと思って、恋人と過ごすクリスマスにしようと思いました。儚げというか、純真無垢な女性が好きな男性を待っている。そんな中、雪が降ってきて…ってことで、白をメインにした“White Christmas”にしました。最近、私自身が白が気になっているっていうこともあって、作業は迷うことなくスムーズにできました。プロップも衣装も、言ってしまえば王道のMIYANISHIYAMAの世界観でもあります。プロップでレースやチュールを重ね、衣装は透け感のあるロング丈で、見せ過ぎない色気を演出する。今回の『Christmas』というテーマにぴったりハマりました。男性と過ごす夜なので、色気は絶対ですよね。でも、下品にならないように隠すことで出せる妖艶さがほしいなと。そのために、レースのロングワンピに、インナーはちょっぴり攻めのピンクをINしてみました」

 

 

 

 

男性を誘うようなツヤ感のある目元とリップ。

 

 

小夏「“White Christmas”と聞いてまず浮かんだのが、パールでした。目元にランダムにパールをちりばめて、ちょっとモードっぽく仕上げて。さらに黒目の下にポログラムをのせて瞳がキレイにみ見えるようにしました。黒目の下に集中してのせることで、レフ板効果が出て、うるうる効果があります。そして、リップもツヤツヤにするために、グロスをたっぷり重ねました。リップのベースは青みピンクです。ヘアは、最近MIYAさんがヘアアレの幅を広げてくださるために、ヘッドアクセがないんです。私の力量が問われるので緊張しますが…(苦笑)。メイクと合わせてパールをちりばめ、“盛る”というよりはシンプルに色気を感じさせるようにしました」

 

 

 

 

明日はクリスマススペシャルとして、今回のミューズ・加藤ナナの撮影後インタビューをアップします!

お楽しみに!!

 

 

PHOTO•STYLING•PROP_MIYANISHIYAMA

HAIR&MAKE-UP_KONATSU

MODEL_NANA KATO

 

 

この記事に関するハッシュタグ

この記事を読んだ人に
オススメの記事はこちら

LARME 038 1/17発売号

  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • オムニ7 - セブンネットショッピング
  • ホンヤクラブ